見る前にきくっ!
   フレンチブルドッグ”きく”と過ごす日常。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

あゆぺー

Author:あゆぺー
2005年のクリスマスに我が家に大きなプレゼントが届きました。それは、白くてふわふわしてて可愛い(甥っ子談)フレンチブルドッグでした。名前はきく。このブログはきくとの暮らしをまったりと綴ったものであり、また、今この時を記す個人的な忘備録でもあります。不定期更新ですが、コメントいただけたら嬉しいです。

きく ♀  2005.10.29 京都府で生まれる。同年12.25にあゆぺーこと私たちのもとへ。それから、それから。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 bloody Kiku


家中が血まみれに。
布物以外なら拭き取ればいいだけのことなんですけどね。

ただ、血の出るいちごがさらに成長して血の出るすももくらいになってしまい、
あちこちで座り込んだ時なんかに黴菌が入っては大変なのでお股ガードを考えてみました。
って、タオルを巻いただけ。ふんどしスタイルです。

これじゃあ、あんまりです。




IMG_2474.jpg



ってことで、こういうものをつくってもらいました。


IMG_2480.jpg



じんべえ風。


IMG_2479.jpg




これでばっちり。
スポンサーサイト
日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/08/29(火) 22:54)

 復活!


ご心配をおかけしましたが、どうやらきくは復調の様子をみせております。
スタミナ的にはいまいちかな、とも思うのですが、丸一日飲まず食わずだったわけですからそれもしかたないですよね。徐々に回復してくれるでしょう。
いまのところ、家人はきくを疲れさせないように大事大事に扱っていますが、きくの方は少し物足りなさそうにしています。
とりあえずは、一安心ってところです。
ってこの科白何度書いたことか。



きくのおちゃんちゃん、ま、ヒートを迎えたわけですから当然なのでしょうがとっても大きくなってます。血の出るイチゴってかんじですかね。
上の画像くらいの頃はつくしんぼみたいにかわいいおちゃんちゃんだったのにね。

日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/08/24(木) 18:55)

 きく、ホントに倒れる、の巻


ここ最近、きくは朝になるとわんわんと家人を起こします。
私はどれだけ吠えられても起きることはないのですが、妻はその声で目を覚まし、きくの様子を見にいくことが日課のようになっています。
木曜日の朝もそうでした。
時間は5:20。
いつもよりかなり早い、と思いつつ妻は隣室へ向かいました。
そこで妻が見たのはケージの中にある嘔吐物でした。どうやらこれをさっさと片付けなさいと妻を呼んだようだと最初は思ったのですがどうやら違ったようでした。
その後、妻が仕事に出かけるまでの間に8回の嘔吐。すでに吐くものもなく、胃液しか出ていません。妻が出かけた後、私が様子を見ている間にも2回の嘔吐。その後で、うんちをしたのですが、最初の一塊だけはいつも通りでしたが、その後はかなり柔らかいものでした。
これだけでもかなり心配なのに、私たちを慌てさせたのはなによりもきくの元気の無さでした。
少々吐いたくらいできくのパワーが落ちるなんてことはこれまでに無く、家人のお見送りもしないなんて考えられないことでした。
こんな時に限ってばあちゃんがいないので、私が午前中仕事を休み、病院に連れていくことに。
病院に着くとかなり回復したのかいつものように愛想をふりまいていました。
診察の結果はおそらく胃腸炎。なにかいけないものを食べた可能性が一番高いとのことでした。
かえるとかみみずとか食べませんでしたか?と聞かれましたが多分食べてないと思うとしか答えようがありません。が、街灯の下に集まる虫には相当ご執心だったことは確かですが。
結局、注射2本と点滴を打って、4日分の薬と消化の良い缶詰めをいただいて帰ってきました。
家に着くと、病院での元気がうそのようにぐったり。
結局その日の仕事は諦めて一日きくの様子をみていました。
病院では夜まで吐かなければ缶詰めを少し与えてもよいとのことだったのですが、夕方にも2度ほど吐いたのでこの日は絶食しました。
夜になると少しだけ回復したようにもみえましたが、いつもとくらべると全く元気なし。
思考は悪い方へと向かいがちでしたが、朝になれば絶対よくなってるはずだと思い眠りました。
妻はきくと一緒に、私は一人で。
朝、きくは私が眠っているベッドにきていつもと同じようにベッドに飛び上がろうと何度も挑戦していましたが結局登ることはできませんでした。それでも昨日にくらべると相当元気になったようすです。ひとまず安心。
その後、いつもほどではありませんが多少元気になった様子で、妻のことも、私のことも見送ってくれました。
昼食に戻った時には食欲もかなり出てきたようで、くれくれビームまで発射できるようになっていました。
夕方にはさらによくなっていて、玄関から靴をくわえてきたりといたづらまでできるほどになっていました。何より、表情が昨日とは全く違います。
ここまでくればもう安心でしょう。週末にはこれまでと同じくらいに元気なきくに戻っていることだと思います。


たった一日だけのことでしたが、きくのことでこれほど心配したのは初めてのことでした。
仕事をしててもきくのことばかりだったのは私だけではなくて妻も同様だったと思います。
とにかく、元気になってくれて本当によかった。


IMG_2431.jpg



「きくは強い子です」



そうそう、速報でもちらっと書きましたが、きくはお姉さんになりました。
今のところ、お赤飯どころの騒ぎじゃないのでお祝いはまた今度ですね。

ピーシャーのうんちと、胃液と、血にまみれた一日でした。

きくの顔が臭いことも今では許せる。ってか、きくが元気なら臭いのok! 大歓迎です。

日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/08/23(水) 22:05)

 猛暑


おかしい。
お盆も終わったというのにこの暑さはなんだ。


IMG_2395.jpg



ってことで川に連れていく。
相変わらずのビビリっぷり。


IMG_2411.jpg



楽しいんだよね?


IMG_2418.jpg



ただ山道を歩いているこっちの方が楽しそうだったりして。



速報!

きくのおしっこに血のようなものが混ざっています。
病気のようには見えないので、これってもしかするともしかして、なのだろうか?

日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/08/20(日) 16:07)

 夏休み


いろいろと忙しくて休みらしい休みはないのですが、いろんな出来事がありました。

まず1発目。

姫、階段から落ちる。

よく階段を背に座ってこちらを眺めていることがあるのですが、座っている場所がいつもビミョウなのです。お尻はほとんどはみ出した状態で座っているのでいつも危ないなとは思っていたのですが、まさかそこから落ちるほどお馬鹿だとは思っていませんでした。
その日もそんな状態で座っていたので妻が危ないと思って手を差し出した瞬間、仰向けに落ちていきました。目をくわっと見開きスローモーションのように落ちていったそうです。
ごろごろと1階まで転がり落ちてしまいました。
みんな大慌てしている中、姫だけは何事もなかったかのようにすたすた歩いていました。
一応、病院に問い合わせてみてみましたがお休みで留守電だったのでとりあえず様子を見ていましたが、食欲も普段と同じ、どこかを痛がる様子もありませんでした。

この日から、甥っ子達がいた時に使っていた階段の柵を復活させました。


そして、この夏最大のイベント。
なんと、プロの写真家の方にきくを撮って頂きました。
いただいた写真は自由に使ってもよいとのことでしたので早速アップしちゃいます。


FH000029.jpg




何がどう違うのかわからないけれど、普段より可愛さ2割り増し。


FH000011.jpg



ただ歩いているだけなのに。



FH000003.jpg





これなんてただの草ぼーぼーの空き地で撮ったのですよ。何だかすごくきれいな自然の中で撮ったかのようです。


今、一番下の写真をポスターにしようか思案中です。玄関にバーンと飾ろうかなあ。



そして、これが私の撮った最新作です。



IMG_2367.jpg



随分前に妻の友人達からいただいたのですが、きくもようやくこの服が着れそうなくらいに成長したので着せてみましたが、まだ大きかった。なんだか学生服を着てるみたい。


暑さ寒さも彼岸まで。ぼちぼち朝夕は涼しくなってくるでしょう。そうすればもう少したくさん歩けるね。
日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/08/15(火) 12:49)

 ちすじ


きくの血統書がようやくとどきました。
新しい血統書で親戚さん探しをしてみましたけれど、兄妹犬には出会えず。
一番近い親戚さんがリンクしているブー子ちゃんでした。
三代祖14頭のうち1頭だけがかぶっているとかはよくあるんだけど、父方も母方もってのはほとんどいませんでした。残念。

でも、ブログで見かけるあの子やこの子達とも薄いながら血縁であることに驚きました。
是非、連絡をいただけたらと思います。
えっ、自分から連絡しろと?
そんなあ~、恥ずかしい~。

と、このように人見知りな飼い主ですが、親戚さん、いらっしゃいましたら是非御一報を。


おっとっと、忘れるところだった。
下がきくのご先祖たちです。

20060811214801.jpg


きくの血統 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/08/11(金) 22:03)

 きく、倒れる。の巻


何だか最近よくみる絵ですが一応最新画像です。

日曜日、サッカーチームのBBQがありました。
その日は家には誰もいなかったので、少々不安でしたが一緒に連れていくことに。

家の中なら、お客さんがきても5分もすればばたっとどこかでたおれて眠っているのですが、
外だとそうはいきません。見るからにばてばてなのに私の制止をふりきってボールを追いかけたり、近づいてくる人に愛想を振りまいたりと大忙しです。

このままだとさすがにまずいだろうと思い、一足先に帰宅しました。
家に着くなり、冷房を強運転し、濡れタオルで全身を拭き、冷たい水を与え、ついでに氷もあげました。が、いつも以上に呼吸が浅く、よだれの量も多いような、、、。
ちょっと心配になったので、あわてて風呂場に連れていき、シャワーを浴びさせました。
よだれで顔もべたべただったので一石二鳥。
で、乾かして冷房の効いた部屋につれて行くと、呼吸もすっかり落ち着いてぐっすり眠ってくれました。
よかった。
でも、やっぱり夏場の外出は難しいですね。
秋になるまではひっそり暮らそうぜ、きく。


IMG_2341.jpg


日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/08/08(火) 18:29)

 あっつい


桃の種を飲み込んだことなんてすっかり忘れて元気一杯のきくです。

私たちの寝室のエアコンが故障したので先日は私たちの居間(きくの寝室)に一組の布団を敷いて親子三人で川の字になって眠りました。
きくの寝息をききながら眠るのは至福の一時でした。
が、一人で寝られない子になってもらっちゃ困るんだよね。私たちがいない時もいい子にしていられるようにならないと。

IMG_2327.jpg



「してますよーだ」
日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/08/05(土) 18:11)

 ごめんよ、きく


どうしてこんなに恨めしい顔をしてこちらを見ているのか?
実は、私のせいなのです。

私は普段昼食は自宅でとっているのですが、その時のことです。
さあ、もう家を出ようとしたその時に、私の父が実をたっぷりと残した桃の種をきくに舐めさせているではありませんか。すぐにやめさせようと声をかけた瞬間、桃の種は父の手からも、きくの口の中からも消えてしまいました。

私たちの喧騒とは裏腹に姫は「なにかあったの?」ってな顔をしてます。
とりあえず、咽喉には詰まってはないらしい。
お腹にあることは確実なわけだけれども、姫のうんちの太さを考えるとおしりから出てくるとは考えにくい。となると、吐かすか切るしかないのだろう。

すぐに病院に向かいたかったのですが午後の診察が始まるまでにはまだ少し時間がありますし、私も仕事を中途半端で危険な状態にしてあるので、きくを私の母にあずけ、診察が始まるまでには戻ってくるということでいったん仕事にもどりました。


車を運転してても、仕事の後片づけをしててもどうにも落ち着かない。
とにかく、急いで家に戻ってきてきくの様子を母に尋ねるがいつもとかわった様子はないとのこと。

きくを病院に連れていく準備を急ぐ。いよいよこちらに頑張ってもらうことになるかもと思い、アニコムの証券をだして、病院で記入してもらう用紙をコピーする。

病院に到着。
先生にその時の状況を詳しく尋ねられる。
種はかみ砕いて飲み込みましたか?> いいえ。
種の大きさは?> 普通の桃の種の大きさです。
周りに実はついてましたか?> たっぷりついてました。
どんなふうに飲み込みましたか?> つるっと入っていったようにみえました。

一通り説明し終えると、先生から処置の方針の説明を受ける。
「うんちになって出てくる可能性は低いです。多分どこかに詰まると思います。ですのでまず、最初に吐かせてみます。ただ、あまりにも種が大きかったり、トゲがあったりした場合食道に傷がつく可能性もありますし、出てこないこともあります。というより、出てこない可能性の方が高いと思います。それででない場合、内視鏡で取るか、胃を切開するかのどちらかになります。内視鏡の設備はここにはないのでもしそれを選択するのであれば紹介状を書きます。ただ、あまりに大きい種だと内視鏡ではとれないかもしれませんし、食道をすんなり通るとも考えにくいです。で、最終的には切開ということなんですが、まあ、吐かせてみてでなかったらその時に考えてみましょう」

きたよきたよ、予想通りの展開だ。まあ、なにはともあれゲロリンきくさんに頑張ってもらうしかないね。
何やら薬剤をカップに取りだす。「何味がいいですか?」
「いや、何味でもいいです。味さえあればなんでも食べると思うんで」
「じゃ、砂糖味だね。たっぷり入れとこう」
はい、お任せします。

砂糖味の付いた薬剤を針のついてない注射器に移し、きくに与える。
予想通りのがっつき様。看護婦さんも笑ってるよ。

お薬を全部平らげてからほんの数十秒後、きくがおえおえし始めた。
私と、先生、それから二人の看護婦さんが固唾を呑んで見守る中、きくさんついにげろりん。

ごろん。

やったー!!!!! 


全員で歓声です。
姫はそんなことお構いなしに第二段を吐いてます。

とりあえず一安心。
家に帰ったら胃薬を与えて、夜まで様子を見て下さいとのこと。吐かなければ夜ご飯はいつもより少なめにして与えてもよいとのこと。
よかった、よかった。

その後、夜まで吐くこともなく無事過ごすことができました。
ホント、よかったです。

種を与えた張本人も反省しているようなので今回に限り許してやることにしました。
もちろん、今日の治療費は請求しましたけどね。

はあ、ちゃんと反省しないといけませんね。
きく、ごめんよ。食欲が戻ったら(もう戻ってるけど)種のない桃をあげるからね。

結局使わなかったけれど、はいっててよかったよ、アニコム。




IMG_2317.jpg



行き倒れの図。
日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/08/03(木) 18:34)

 晴れたよー


先週の土曜日、家に帰って来る直前まで雨が降っていたのですが、家に着くとぴたりと雨があがりました。吹く風も少し涼しげ。
これは急げと公園にきくを連れていきました。
アスファルトも良い具合に湿っている。
桟橋の上を歩いているとカヤック?かカヌー?なのかわかりませんがそれの練習をしているお兄さんやお姉さんにちやほやされました。えへへ。

普段散歩してても思うことがあります。
中学生や高校生の子達とすれ違う時に、小さな声でぼそっと「カワイイ」といわれることがあります。そういう時、「あ、この子はいいこだな」と思ってしまいます。
特にそれが男の子だったりするとその思いもひとしおです。「このままぐれずに育つんだよ」と勝手に心の中でエールを送ってしまいます。


IMG_2280.jpg


久しぶりの公園の散歩なのですが、主の方があいにく一人だったものですからいい写真が撮れませんでした。




IMG_2294.jpg



かわって日曜日。
どうせシャンプーするならと海に行ってきました。


IMG_2298.jpg




IMG_2303.jpg




足もとまでは水に入るのですが、それ以上は進もうとしません。
やっぱり泳げないのですかね?
そのうちにライフジャケットを買ってあげようかな。



IMG_2308.jpg




遊びを誘うポーズ。


IMG_2314.jpg




ぶたさんのあご枕だそうです。
抱いちゃってますけど。
日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/08/01(火) 18:22)

copyright © 2005 見る前にきくっ! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。